仮放免者の会とは

 2010年10月31日、仮放免者の会は結成されました。仮放免者の会は、仮放免者自身によってつくられ、仮放免者自身によって今日まで活動してきました。 

  仮放免者は、入管から退去強制令書発付を受け、国に帰るようにさまざまなプレッシャーをかけられ、おどされながらも、帰国できない事情がある者たちです。仮放免者の多くは、入管でのきびしく長い収容生活をおくり、しかし仲間たちとともに在留資格を手に入れて日本に残ることをえらびました。

   仮放免者が帰国しない、帰国できない理由は、いろいろです。難民であること、家族が日本にいること、長く日本で暮らしてきたこと、などなど。しかし、そのようないろいろな事情のちがいをこえて、私たちは仮放免者として団結することをめざしてきました。

 「仮放免者に在留資格を!」

   これが、私たちが仮放免者の会をつくってから、ずっとかかげてきた目標です。

 私たちは、安心して日本で生活していけるために在留資格を求めて活動しています。

 このホームページを見た仮放免中の皆さん、国籍・民族・宗教などの違いを越え、共に力を合わせて私たちの人権を守りましょう。日本人や正規滞在外国人の 皆さん、私たちの運動にご支援をお願いいたします。

 2010ねん10がつ31にち、かりほうめんしゃのかいは けっせいされました。かりほうめんしゃのかいは、かりほうめんしゃ じしんによって つくられ、かりほうめんしゃ じしんによって きょうまで かつどうしてきました。

   かりほうめんしゃは、にゅうかんから たいきょきょうせいれいしょ はっぷ をうけ、くにに かえるように さまざまな プレッシャーを かけられ、おどされながらも、きこくできない じじょうがある ものたちです。かりほうめんしゃの おおくは、にゅうかんでの きびしくながい しゅうようせいかつを おくり、しかし なかまたちとともに ざいりゅうしかくを てにいれて にっぽんに のこることを えらびました。

   かりほうめんしゃが きこくしない、きこくできない りゆうは、いろいろです。なんみんであること、かぞくが にっぽんにいること、ながく にっぽんで くらしてきたこと、などなど。しかし、そのような いろいろなじじょうの ちがいをこえて、わたしたちは かりほうめんしゃとして だんけつすることを めざしてきました。

 「かりほうめんしゃに ざいりゅうしかくを!」

   これが、わたしたちが かりほうめんしゃのかいを つくってから、ずっと かかげてきた もくひょうです。

 このホームページをみた かりほめんちゅうの みなさん、こくせき・みんぞく・しゅうきょうなどの ちがいを こえ、ともに ちからを あわせて わたしたちの じんけんを まもりましょう。にほんじんや せいきたいざいがいこくじんの みなさん、わたしたちの うんどうに ごしえんを おねがいいたします。